近畿

大嘘吐の拘引【1909.8.28 大阪朝日】

9月28日に灰が降り、世界が終わるとの風聞が大阪・九条界隈に広まり、騒ぎになっている。警察は大道で世界滅亡を説く浮浪者を引致、取り調べたが、噂の出所は白状しなかった。

●大嘘吐の拘引
灰が降る/\▲今日が世界の終り▲馬鹿の骨頂▲名残に飲め食へ唄へ▲大道演説

<こん>二十八日が世界の終りなり、天上より夥しき灰降りて人間皆忽ちに死ぬること弘法大師様がチヤンと見抜いて云ひ遺されし通りなれば人々其の覚悟あつて然るべしと誰<た>れいふとなく市中一般に布<ふ>れ廻りたり迷信家連中斯くと聞いて喫驚<びつくり>何れも夫<そ>れ/\厄払ひの呪ひ、祈祷に余念なき様子は阿呆らしくて話にもならぬ次第なるが中にも九条〔大阪市〕界隈は其の騒ぎ最も甚だしく二十七日となりてはいよいよ今日一日の寿命なり金も道具も要るものかと隣近所誘ひ合して料理屋へ上り、鱈腹<たらふく>飲食するものもあれば、「モウ商売する気にもならぬとて「今日<こんにち>より休業」の貼札する向きも沢山あり此の暑さに有りだけの衣類を重ねて苦しみながら<これ>が現世<このよ>の着納めぢやと渋面<じふめん>作るもあるかと思ふと小料理屋では「おまじなひの粥」といふ看板出して白米に榧<かや>、小豆を交ぜた粥を丼一ぱい十二銭で販売するをセメテもの頼みにとて食べてゐる者もあり、松島の天満宮お旅所をはじめ九条茨住吉神社境内の如き二十六日の夜<よ>よりお百度参りの男女引きも切らず界隈何となくザハ/\と物騒がし、〔/〕

されば九条署は手を尽して説諭に努めゐたるが<こゝ>に一人の怪しき男が同町繁栄座附近の道路に立ち世界滅亡灰降りの一件を真実<まこと>しやかに披露してゐる由聞えたれば二十六日の夕方より徹夜して張込みゐたれど早くも悟つて姿を見せざりしより尚も捜査中二十七日の朝七時頃同町二番道路にて洗ひ晒しの浴衣がけに頬髯を蓬々<ばう/\>と生やしたる物凄き男大道の中央に立ちはだかり「皆さん世界の果はいよいよ来ました吾輩の生命<いのち>はモウ十五六時間に迫りました、有りだけの金は今日<けふ>中に使ひなされ」と演説してゐるを多数の男女が取囲んで感心し「えらいこツちや」、「情ないこツちや」と騒ぎゐるを同署の堀警部が発見し、「<につく>き奴めと引捕へて本署へ引致し厳重に取調べたるに此奴<こやつ>は日頃南区日本橋筋五丁目辺をうろつきゐる浮浪人にて大山五郎(四十年)といひ、「今日はじめて世界滅亡の事を聞き人民の為<ため>捨て置き難しと心得たれば即ち市内の各所に出張し演説したる次第なりと左<さ>も豪<えら>相に陳述し警部は其の説の出所を厳しく訊問したれど容易に実を吐かねば尚取調中なるが多分此奴は大嘘を吐き歩いたる廉により警察犯処罰令に則り三十日以下の拘留又は二十円未満の科料に処せらるべし〔/〕

尚今日<こんにち>以後又々期日を延期して大嘘を吹き立て人心を惑乱せんとする馬鹿者あるに相違なければ同署にては昼夜警戒し<かりそ>めにもかゝる妖言を吐<は>きて愚民を惑はす者は見附け次第厳罰に処する方針なりとぞ

大阪朝日新聞 明治42(1909)年8月28日・9面

弘法大師の出現【1909.8.23 大阪毎日】

大阪・本田で人々が競うように搗栗を買い求めている。警官が事情を尋ねると、弘法大師の再来が現れ、今年明治42年は「死に年」で、灰のように降る悪虫に触れた者は死ぬ。それを防ぐには、搗栗ともち米を混ぜた粥を食べることと言って消えたからだという。警察では自称・弘法大師の再来を厳重捜査中。

●弘法大師の出現
本田九条附近の大騒ぎ

去る二十一日朝西区〔大阪市〕本田<ほんでん>巡査派出所警官が花園橋市場を巡廻せしに其処の乾物店<みせ>の軒頭<のきさき>に客人黒山の如く群集<ぐんじう>何れも口々に勝栗を早く売て呉れと叫びながら双手を突出し<ひし>めくさまの如何にも不審なるより取敢ず仔細を訊<たゞ>し見ると、「五日前本田の某醤油店に一人の老僧入来り味噌越笊〔原文「笟<ざる>」、以下同 〕を差出してこれに醤油一合〔約0.18リットル〕を入れくれよと云へるにぞ番頭は打驚き、『味噌越笊に醤油を入るゝは底なき桶に水を盛ると均<ひと>しく一堪<たま>りもなく洩<もれ>尽すべしと諭すが如くに言聞け〔言い聞かせ〕たるに老僧は呵々<から/\>と打笑ひ、『<もれ>ば洩るにてもよし<と>も角量りて入れよとて聞入れざるより、『<さて>も強情の僧なるかなと打呟きつゝ量り込むと不思議にも紫色なす醤油は笊の中に波々と盛られて一滴の洩り溢るゝ様子もなきを老僧悠然と見やり、『ソレ此通りならずやかゝる行力<げうりき>は俗人の見て訝<いぶ>かしともなさんが吾にありては毫<つゆ>ばかりも訝かしからずかく申すは高野山弘法大師〔空海(774-835)〕の再現なり、方々<かた/゛\>注意あれ来ん二十八日こそ一大天変地異の襲ひ来<きた>る日なるぞよ、吾はこの災害を未前〔未然〕に防ぎ止<とゞ>め得させん為<た>遥々降天し来たれるものなり、見よや方々わが言ふ二十八日こそ一天遽<にはか>に搔曇り空よりは灰の如きもの一面下界に向つて降り来るなりこの灰の如きものこそ真実<まこと>は灰にはあらで恐るべき悪虫<あくちう>なれば一度其悪虫に触れんか全身忽ち灰色と変じて病死すべし然しそを防ぐには勝栗と糯米<もちごめ>とを一合宛<づゝ>混じ合せ粥にして食せば無事息災なり構へて疑ふ事なかれと言ふかと思へば怪僧の姿は掻消す如く消失せたる此不思議の取沙汰は洪水の如く町内に伝はり偖こそかくは勝栗と糯米の売れ行く訳にて現に今まで一合三四銭位の勝栗が一躍廿銭に騰貴猶それでも品切の有様なりとの答へに巡査も意外の感に打たれつゝ其旨九条本署に報告したるが同署にては打捨て置かれず兎も角も各派出所の巡査をして戸毎に注意を与ふると同時に、「ソノ再現の弘法大師とか自称する怪僧を引つ捕へよと捜索中大師は又も九条町に姿を現はし、「四十二年は死<しに>(四二)年と称し人々の全滅する年なり古来申、酉の両年は災害必ず多し<も>し死年の厄難を免れんとするには此杖に縋<すが>れよ丈け一丈二尺〔約3.6メートル〕余の錫杖を大地に突立ると附近の町民は蟻の如くに集まり来り銘々土下座しては先を争ひ<くだん>の杖に縋り五銭十銭と喜捨する現場を認め、「素破<すは>こそ弘法大師出現せりと警官<は>せ寄つて引捕へんとせしに怪しむべし大師は隠身<おんしん>火遁風遁の術にても心得居るか現在今其処にありたる姿が見えずなりたるも、「<それ>位にて凹むべきにあらずと目下引続き厳重捜査中なり

大阪毎日新聞 明治42(1909)年8月23日・7面

うたの殺しに絡はる不思議な因縁話【1925.4.10夕 東京日日】

尼崎の女学生殺しの犯人が東京・中野署に逮捕された日の夜、被害者の母親の夢枕に娘が現れて「東の方で憎い奴が捕まった」と告げた。当時、犯人逮捕はまだ尼崎署にも知らされていなかった。

うたの殺しに絡はる
不思議な因縁話
犯人の捕つたその晩に
……夢枕に立つた娘

既報、中野署に捕へられたうたの殺し犯人桐野徳治(二六)はその後も連日同署で取調べを進めてゐるが何しろ警視庁関係だけの犯罪が廿一件もある事とて取調べに相当時日を要するが逮捕した去月廿四日にとり敢ず拘留廿一日に処してあるから来たる十三日の

◇…拘留期 明けまでには東京方面の調べを終り十四五日ごろ兵庫県警察部に護送する事に決定した、八日中野署に達した尼ケ崎〔尼崎〕署及び県警察部の情報によると殺されたうたの母すえ(四二)は惨事後いつまでも犯人があがらずいつ娘のうらみが晴れべくもないので爾来警察を嫌ひ呼び出しがあつても出頭しない位であつたがその

◇…母親が 去月廿五日突然尼ケ崎署に出頭係官に面会の上、「前夜(即ち桐野が中野署に逮捕された廿四日)五年前<ぜん>に死んだうたのが夢枕に立ち、『東の方で私の悪<にく>い奴が捕まつたと知らせがあつたからどうぞ調べて下さいと申し出でた、尼ケ崎署では当時まだ中野署から何等<なんら>の移牒〔通知〕もなかつたので唯子を思ふ親心の迷ひとばかり宥<なだ>めて引とらせたが母親はそれでもなほあきらめ切れず更に兵庫県警察部にも出頭

◇…同じ話 をくりかへしたさうで中野署の係官もこの因縁話しに今更ながら奇異の感に打たれてゐる

東京日日新聞 大正14(1925)4月10日夕刊・2面

「うなされ」の三七連隊にからまる因縁話【1926.7.25 大阪朝日】

兵士が毎夜うなされて騒ぎになっている歩兵第37連隊では、営庭の樹木が「化ける」とか、夢枕に立った厄除慈童のお告げどおり慈童の像が掘り出されたとかいう話がある。

「うなされ」の三七連隊に
からまる因縁話
怪談のやうな化銀杏や
掘りだされた厄除慈童

第四師団歩兵第三十七連隊の各中隊のつはものどもが夏草ならぬ営舎に夢を結びかねて昨今夜毎に奇怪な「うなり声」をたて日増に加はる暑気と相まつて不安と悲鳴にとざされてゐることは昨夕刊既報の如くであるが、こんなことは同連隊ではこれで三度目で、その最初は大正六年の猛暑のころに起つて三個中隊の者が急に営舎を飛出したりした、特別な環境がつくつた「兵隊病」としてうなづけぬこともないが、調べて見るとかうした「うなされ」の裏には夏の夜に相応<ふさは>しい怪談めいたものが絡<から>みついてゐる、元来同隊四、五、六の三中隊の営舎は南西詰のいづれも階下で建物が古めかしく、高台ではあるが妙にジメ/\として陰気臭くこの各舎が面した営庭には化銀杏<ばけいてう>と呼ばれる銀杏の樹が繁り合ひ更に槐<ゑんじゆ>の樹が植わつてゐる、そして蝙蝠<かうもり>が巣をかけたりしてゐて地下からは古めかしい九輪が掘り出されたこともある

槐の樹は古来から「化ける」といふ伝説があり徳川時代の物語りには青白い小坊主が夜半胸を圧するといふことがのつてゐる支那〔中国〕でもこんな伝説は沢山のこつてゐる、これが迷信の一

それから厄除<やくよけ>慈童がある夜夢枕にたつての宣告を怪しみながら営庭を掘つたところ果して同営庭の一隅から慈童の像が出たといふ話もあり、なほ今から十五六年前四中隊の中尉が自宅で切腹したこと五中隊の一兵卒が実弾を窃<ぬす>み出して自殺したといふこれは実際あつたことだがこんなくさ/゛\の噂がパツとたつて過労に疲れてゐる兵卒の神経を刺激し、いはゆる兵隊病を醸<かも>しだしたのではなからうかといはれてゐる

大阪朝日新聞 大正15(1926)年7月25日・9面

奇怪な『うなされ』で不安と悲鳴の三七連隊【1926.7.25夕 大阪朝日】

大阪の歩兵37連隊の営舎で消灯後、召集兵がうなされて連隊全体の騒ぎになることが何度も続いている。対策として営舎全体で終夜点灯したり不寝番を増やしたりした。

奇怪な『うなされ』で
不安悲鳴三七連隊
召集兵から現役兵まで伝播して
気味の悪い消灯後の各営舎

大阪第四師団歩兵三十七連隊に、去る五日から召集した召集兵約千名の間に、この五日程奇妙な騒ぎが続いてゐる、といふのは前記千名は各中隊に分れ四十個班ばかりになつてゐたが、最初の晩ある班の数名がうなされて悲鳴をあげ大騒ぎとなつたことあり、それから次々と殆ど全部の班に及び、消灯後の午後十一時ころから一時間おき位に交替のやうにうなされ、その度に神経の尖<とが>り来つた兵士達は『わあーつ/\』と営舎も轟くばかりの叫声<けうせい>をあげるもの、悲鳴をあげるもの、この時ならぬ大騒ぎが営舎外の民家にまで響いて不安を駆つたが、更に信太山〔和泉市〕に演習に行つてゐた現役兵が帰隊してこの怪事を聞き知り、気の小さい初年兵にうなされがうつり、二十二、三の両日のごときは連隊あげてこのうなされとそれにつゞく大騒ぎが繰返される始末となつた、この有様に高田同連隊長は『気の小さい者共だ!』とおこり出し各中隊に厳命して右の騒ぎをしないやう注意し、普通なら午後九時に消灯するのを暗くしたらうなされるといふので営舎全体徹夜点灯するやら、不寝番を増してうなされ者の看視につとめた、右について週番将校は語る

敵を殺して戦地から帰つた兵士はうなされるといふ迷信的な話は聞いてゐるし、迷信でもなく夕凪がひどくむし暑い熊本連隊でもこのことがあつた、この連隊にも大正九年頃この騒ぎがあつた、恰度〔ちょうど〕今召集してゐる兵は当時の兵であるところから見ると、昔を思ひ出してこんな精神状態にひき入れられたのではないだらうか、原因といふのは昼間の演習で疲れ切つてゐるところへ夜むし暑くて眠られないためらしく、沢山の兵士が小さい部屋にぎつしり寝てゐるため一種の兵隊病だらう、うなされた当人は夢を見てゐる調子で決して故意や真似事ではないのだ

大阪朝日新聞 大正15(1926)年7月25日夕刊・2面

青い火の燃える怪しい家を捜索【1926.4.25夕 大阪朝日】

大阪で青い火が燃えると評判の家を警察が捜索すると、缶に入った人骨と脳が出てきた。人間の脳を梅毒薬として売っていた疑いで、警察は家の主を追及している。

青い火の燃える
怪しい家を捜索
押入の中から発見した
鑵詰の人骨や脳味噌

大阪浪速区新川町仲仕〔荷役〕 佐々木伝吉〔ママ〕方の裏庭で先頃から青い火がもえ上るので附近の評判となり、芦原署は二十三日夜同家を包囲し家宅捜索をすると、押入中のブリキ鑵とミルク鑵の中〔ママ〕人間の骸骨や脳味噌が出て来たので健吉を引致取調中である、〔/〕

同人の申立によると先年同人の実父仙矢(七十二)が病死した際阿部野〔阿倍野〕火葬場で火葬し、それを拾つて来たものであるといつてゐるが自分が梅毒に罹<かゝ>つたさい人間の脳味噌で治療したことがあり最近附近の清川佐一に梅毒の薬として与へたこともあり梅毒薬として専門に売つてゐるのではないかと同所〔同署〕で追究中である

大阪朝日新聞 大正15(1926)年4月25日夕刊・2面

猫の祟り(二児を斬る)【1898.1.9 読売】

滋賀県栗太郡葉山村の豪商の婿が夕食中、飼い猫の無作法に腹を立て、刀で斬殺。その夜、同じ刀で突然、息子2人を殺害した。男は過去に精神を病んだものの、結婚後の家庭は円満だった。

●猫の祟り(二児を斬る)

滋賀県栗太郡葉山村〔現・栗東市〕大字六地蔵の豪商柴林宗五郎の長女かしの養子同姓孝次郎なる者発狂の為<た>め自分の愛子二人<にん>を斬殺せし顛末を聞くに養子孝次郎(二十八年)は同県蒲生郡北比都佐村<きたひつさむら>〔現・日野町〕大字清田外池利右衛門の二男にして先年柴林家の養子となり隣家第十六番屋敷に分家し呉服を商ひ居りしが元来精神病者にして是迄数度発狂したることあるも入家入来<いらい>〔以来〕一家親睦に暮しつゝありしに其後<そのご>同人は甲賀郡水口<みなくち>〔現・甲賀市〕米穀取引所に赴き定期米に手を出し居りしに旧臘〔前年の12月〕廿七日に至り一家団欒夕飯を喫し居りし際孝次郎の側<そば>へ飼猫一疋出で来り突然飯櫃に足を掛けたるより孝次郎は非常に憤怒し猫を苧縄<おなは>にて縛置き夕飯<ゆふめし>を済したるが猫は悲鳴して止<やま>孝次郎は益々怒<いか>遂に其猫を刀(旧臘五日水口町に於て買求めしもの)にて斬殺<きりころ>下男下女に命じ裏手の垣根へ埋めさせ其夜<そのよ>十時頃に至りて家族一同寝室に入<い>孝次郎も寝に就きたる処何を思ひ出<いだ>しけん、突然起き上り灯火<あかり>を吹き消し手燭に火を点じ猫を斬りし刀を磨<と>がんとするの挙動あるを以て妻かしは起き上りて之を<これ>を制止せんとせしに孝次郎は忽ち抜刀せんとしたるよりかしはキヤツと叫びて隣家なる本家へ逃げ行きたり依て孝次郎は家内隈なく探して寝室に臥<ふ>し居りし長男孝一(四年次男悌二(二年)の二人を斬殺<ざんさつ>尚ほも荒れ廻り居る処を本家の下男等<ら>駈け来り多人数<たにんず>にて取押へ其筋へ急報せしにぞ警察署より警部出張し<たゞち>に孝次郎を引致して目下取調中なりと

読売新聞 明治31(1898)年1月9日・4面

古狐の幻術破る【1911.8.31 大阪毎日】

東海道線馬場駅を出た列車が石山駅に向かう途中、古狐を轢いた。機関手の話では、狐を轢いた現場近くに突然、多数の電灯と待合客が見えた。駅に着くには早いと思い、進行を続けたら、謎の現象は消えた。狐がいたずらしたところを轢かれたのだろうという。

●古狐幻術破
真二つになつて轢死と真顔で語る運転手

二十七日午後十一時東海道線馬場駅〔現・膳所駅〕草津行列車の通過せる後<のち>石山駅の線路工夫が膳所町〔現・滋賀県大津市〕大字別保西念寺裏の軌道を巡廻中体格すぐれて偉大なる茶褐色の野狐が二つに轢<ひき>切られて死し居るを発見し石山駅に馳<はせ>帰り更に駅夫と同道にて現場に赴き<くだん>の狐を運び帰りしが或る野狐通は少なくも三百年以上を経たる古狐なるべしと評せる由にて目下大評判なるが前記列車に乗組み居たる機関手の直話<ぢきわ>によれば同列車が馬場駅を発して現場に近くまで進行したるに忽然行手<ゆくて>に近く多数の電灯を点じ昼を欺くばかりの石山停車場に男女数百名の待合客<まちあひかく>が混み合ひ居<を>る模様瞭然<あり/\>と見えたるより、「コハ何故ならんと不審を起し時計を見れば石山駅に着く時間には尚間もあるにぞ、「サテは自分の眼がドウかして居<ゐ>るのであらうと委細構はず進行を続けたるに件の現象は掻<かき>消され真の石山駅の電灯が遥か彼方に明滅せるにぞ火夫共々不審の眉を顰めつゝも予定の時間に石山駅に着し一名の乗客<ぜうかく>を乗せて草津駅に向ひしが、「さては件の野狐が悪戯を仕損じたるならんと真顔で語りしとは眉に唾の物語りなり

大阪毎日新聞 明治44(1911)年8月31日・9面

寺ヶ谷の奇跡【1899.12.28 東京朝日】

滋賀県坂田郡・寺ヶ谷で大木が倒れるような音がすると、4-5日以内に村内に死者が出ると言われる。

寺ヶ谷の奇跡 滋賀県阪田〔坂田〕郡八条〔長浜市〕の山中に寺ヶ谷と称する平地あり<やゝ>もすれば大木の一時に倒るる如き響<ひゞき>を発することあり<しか>る時は晩<おそ>くも四五日中には村内に死者あり古往今来実に然りとは実にらしからず

東京朝日新聞 明治32(1899)年12月28日(木)3面(「歳律茲促」より)

〔神木を売り払った報い〕【1879.9.2 読売】

山城国葛野郡梅ケ畑中島村の神社の境内に神木とされる杉の大木がある。この木が売られ、伐り倒されそうになったとき、村のあちこちから原因不明の火が燃え上がった。村民は杉の木を買い戻して厳かに祀ることにした。

○樹の精霊が現はれるとか祟るとかいふはズンドの昔の妄談にて函根〔箱根〕の関所を取り払ひ後は鉦<かね>と太鼓で探しても有るまいと思ひの外<ほか>山城国葛野郡<かどのごほり>〔現・京都市〕梅ケ畑中島村の清龍<せいりよう>神社の境内に囲<まはり>が一丈五尺〔約4.5メートル〕程も有る杉の大木が有ツて昔より神木と唱へ此樹を伐ると<すぐ>に祟ると言ひ伝へて小枝さへ折<おツ>た事の無いのを此ほど同村の伍長人見徳兵衛が村中の者と申し合せ其筋へ願ひ済みの上此杉を西京堀川六角下<さが>谷口慶二郎へ売り払ツたので慶次郎は先月廿一日に数人<すにん>の杣人<そま>を雇<やとツ>て伐り倒しに掛るとアヽラ怪しや杣人は忽ち手足が慄<ふる>へて眼は眩み、「如何<どう>した訳かと踟蹰<たゆた>ふ折から同村の岡田亀二郎の家<うち>より怪火<あやしび>が燃え上<あが>、「ソレ火事だと村中の者が飛出して消し止めて居るうちまた二三軒先<さ>きの広田岩次郎方よりも怪し火が燃え上り<それ>を消し止めて居る間<ま>にまた/\同村の谷口嘉七、奥田金兵衛、広田卯兵衛の三軒よりも燃上り一度に三方四方に火事が初<はじま>ツたので村中の者は大きに狼狽<うろたへ>右往左往に駆け廻ツての大騒ぎ其内にも二番目に燃え上ツた広田岩次郎の家は三度も燃え上り二度まで消し止めたが三度目にとう/\全焼<まるやけ>になり其うち京都府庁の官員や巡査抔<など>も出張して火元を厳しく詮議されたが附火<つけび>とも思はれず<もと>より粗匆火<そさうび>では無く如何<いか>にも稀有な事なりとて其翌日村中一同が寄り合ひ、「<かゝ>る珍事の起ツたのは全く神慮をも慮<はか>らず<わづか>の利慾に迷ツて彼の神木を売り払ツたゆゑで有らうと一人が云へば伍長初め成るほど夫に違ひない<さ>らば急いで買ひ戻しお詫びをするが宜<よ>からうと忽ち評議が一決して夫より慶次郎へ掛合ツて彼杉を買ひ戻し村中総掛りにて樹の四方へ青竹で垣を結ふやら七五三縄<しめなは>を張るやら大騒動で有ツたといふがハテ怪しい新聞ぢやなアー

読売新聞 1879(明治12)年9月2日(火)3面