東京

話の港〔首相官邸日本間の修築案〕【1933.8.24 読売】

五・一五事件で犬養毅首相が横死した首相官邸日本間は事件後1年余りたっても誰も使わない。堀切善次郎内閣書記官長は洋間を新築、その上の2階に日本間を乗せる案を出したが、国費をかける理由がないと大蔵省に拒絶された。

話の港 ■…故犬養〔毅(1855-1932)〕首相が殃死を遂げた首相官邸の日本間、一ヶ年余<よ>を経過した昨今でも誰も使ふ人がなく昼なほ暗く鬼気迫る

堀切翰長

■…堀切〔善次郎(1884-1979)〕書記官長、いろ/\頭を悩ました末『あれを空<あき>部屋にして置くのはどう考へてももつたいない、床をコルク張りにして洋間にし、現在の日本間を二階にしてそのまゝ乗せて見たらどうだ』吾れながら名案と、この修築方<かた>を早速大蔵省営繕管財局へ持込んだ

■…ところが大蔵省頑として応じない『そんな理屈にならんことで国費はかけられません』と剣もホロヽ〔原文「ホロ/\」〕、堀切さんつく/\嘆じて『俺が元ならこんな修理なぞ立ち所だが、アヽ昔が懐かしい』註に曰く堀切さんは元復興局長官を勤めた身、そこでつい昔が恋しくなるわけ――

読売新聞 昭和8(1933)年8月24日・7面

首相官邸修祓式【1932.6.12夕 読売】

五・一五事件で犬養毅首相が殺害された首相官邸は、後任の斎藤実首相も気にしてか居住せず、自宅から通勤している。そこで、事件から1か月を機に官邸で修祓式を行った。

首相官邸
修 祓 式
兇変から一月目

◇去る五月十五日夕故犬養〔毅(1855-1932)〕首相が兇手に従容としてれて以来、かれこれ一ヶ月になるがこの五・一五事件のため血ぬられた官邸を斎藤〔実(1858-1936)〕現首相は気にしてか未だに四谷仲町〔東京都新宿区〕の自宅から出勤してゐるほどそのため宏壮な首相官邸には現に住む主がないわけで暴漢闖入当時の蹂躙の跡はそのまゝとなつてゐる、そこで十一日午前九時同官邸内の修祓式を行ふことになり、西野〔宮西惟助(1873-1939)の誤り〕日枝神社宮司以下の神官四名は村瀬〔直養(1891-1968)〕内閣官房会計課長、新居〔善太郎(1896-1984)〕首相秘書官等参列の下<もと>に厳そかに執行

◇まづ故首相が最後の息を引とつた奥庭に面した日本間十五畳に祭壇を設け

祭祀後血に汚された廊下から故首相が最初の一弾を受けた食堂田中巡査が射たれた室、総理大臣室、書記官長室等大ホールの隅隅まで修祓し十時終了したが

同官邸詰めの守衛、小使までが『これでやつと清浄な気になりました』と喜んでゐた【写真は修祓式】

読売新聞 昭和7(1932)年6月12日夕刊・2面

きょうから解体工事【1957.7.17 読売】

心中事件の巻き添えで焼けた東京・谷中天王寺の五重塔の解体が始まる。地元では早くも「塔のそばにお化けが出る」との噂が絶えない。

きょうから解体工事
谷中の五重塔 “お化け”のうわさも

○…さる六日朝心中事件のまきぞえをくって焼失した谷中〔東京都台東区〕の天王寺五重塔はきょう十七日朝から解体が始められる。塔再建の見通しもつかず焼跡整理も費用の点ではかどらなかったがこのほど整理だけは文京区のM建設と二十七万円で話しあいがついた。同社では延べ百五十人の人夫で主としてノコギリなどで切り落しながら解体していくが、高さ三十五メートルという大きなものなので万一の事故を考えて、墓地の混雑するお盆の間は遠慮したもの。

○…比較的焼け残った一階付近の木材は“遺品”として塔の元の所有者天王寺にかえされ、同寺ではこれで毘沙門堂を建立する。また塔の跡は将来同墓地の納骨堂になる。

○…都谷中霊園管理事務所では焼け跡から銅板が三トンも出てとんだ遺産だと苦笑い。一方このヒカリものをネラう者が早速現れ谷中署に捕ったものもいる。ただ同事務所で頭を悩ませているのは使いものにならない焼けぼっくい。一応整理して塔のそばに置いてあるが最近はおフロ屋さんも燃料改革で引きとってくれず、またそのまま放っておいて浮浪者などのいたずらの材料にでもなっては困るというわけ。

○…また地元には早くも「塔のそばにオバケが出る」というウワサがしきり。墓地の中にある〔原文「中ある」〕お寺のお坊さんは「あんな死に方をすれば地獄だって受付けてくれないからきっと浮かばれないでしょう」と冷い意見。五重塔は焼けてとんだ夏の夜話まで生んでいる。

【写真は解体を待つ五重塔の残がい】



読売新聞 昭和32(1957)年7月17日・8面

『あゝ悪い日だ……』と口走つたが運の尽き【1925.4.7 東京朝日】

5年前に尼崎で女学生を殺した男が東京・中野署で捕まった。男は窃盗犯として逮捕されたが、その日が女学生が殺された日と同月同日。思わず「悪い日だ」と口にしたことから5年前の犯行も発覚した。

『あゝ悪い日だ……』と
口走つたが運の尽き
うたのを殺害した同月同日
捕縛された桐野の因果物語
『海老茶がこわい』と口癖のやうに

阪神沿線尼ケ崎〔尼崎〕在の女学生うたの殺し犯人嫌疑者として中野署で捕縛した桐野徳治(二六)については六日午前十時から此朝着京した尼ケ崎署の木村刑事部長、県警察部の小野部長をはじめ警視庁の出口警部、吉野署長等の手で更に厳重取調べるところあつたが、うたのを殺した

短刀や 其他の物的証拠と犯人の自白並びに犯行当時の模様等全然符合し、こゝに全く真犯人に相違ないことが判明した、中野署では尚引続き今日までの桐野の行動並びに五年前<ぜん>の兇行動機等について取調を行つた上、一両日中に尼ケ崎へ護送することとなつた、桐野徳治が捕縛されたのはうたのを殺した大正九年三月二十四日から満五年目の同月同日で、彼は中野署に引致された際『あゝ悪い日だ』と

思はず 口走つたのが運の尽きとなつた、同人は去る二月二十五日中野町〔現・東京都中野区〕三六六四山脇新聞店へ拡張員と称したづねて行<ゆ>き、同家妻女と傍<かたはら>にゐた鮮人〔朝鮮人〕配達夫とを欺き現金百九十円入りの手提金庫を掻払<かつぱら>つて逃走したので、中野署では犯人は新聞関係者との見込みの下<もと>に全市にわたつて捜査を続けた結果、府下蒲田〔大田区〕の某新聞店にゐた白井寿雄なるものゝ

挙動に つき調査した処同人は偽名して去る一月末来新宿遊郭金波楼の娼妓人本(二二)の許<もと>に通ひつめてゐる事をつきとめ、三月二十四日夜<よ>九時頃登楼中を踏込み遂に捕縛するに至つたものである、桐野が通つてゐた新宿金波楼の娼妓人本は語る『白井さん(桐野の偽名)が始めて〔初めて〕

登楼し たのは一月末で一週一二回位づゝ来ましたがいつも沈みがちでした、しかし金遣ひも荒いといふではなし変つた様子もありませんでした、たゞ今思へば口癖のやうに『海老茶〔女学生が殺されたときにはいていた袴の色〕が何よりいやだ、海老茶がたたるよ』とわけのわからぬ事を言ひながら極端に海老茶色を嫌つてゐました、二十四日の晩捕まつた時は十四円程持つてゐました』

東京朝日新聞 大正14(1925)年4月7日・7面

鶏のなき声で死体発見【1933.5.19 東京朝日】

東京・向島で職工が行方不明に。周辺住民の習慣で鶏をたらいに載せて北十間川を流し、鶏の鳴いた場所の川底を探すと、職工の死体を発見した。

鶏のなき声で死体発見

十八日午後二時頃、向島区〔現・東京都墨田区〕吾嬬町東洋モス工場前の北十間川から、去る十五日夜<よ>泥酔して墜落した同町東一ノ一〇七日東製氷職工樫野加藤治(四七)の溺死体を発見した、同人の家族は妻と二十歳になる息子、十六日から行方を捜索中だつたがどうもこの川筋が怪しいといふので河岸<し>に住む人達の習慣で十八日タラヒの中に鶏を一羽載せ、これを川に流して鶏のないた下に死体があるものと捜してゐると、丁度ないた下の川底から死体を発見したものである

東京朝日新聞 昭和8(1933)年5月19日・11面

解放される魔の神域【1925.1.24 読売】

東京・武蔵新田の新田神社の裏にある新田義興の墳墓は垣根の中に立ち入った者が発狂したり自殺したりすると恐れられている。神主は迷信を払拭するため、墳墓の境域を開放することにした。

解放される
魔 の 神 域
『神霊矢口の渡』で知られた
—新田義興の墳墓

平賀源内〔(1728-80)〕「神霊矢口ノ渡〔神霊矢口渡〕」で知られる府下武蔵新田〔東京都大田区〕府社新田神社の裏にある新田義興〔(1331-58)〕の墳墓は足利時代のむかしから

新田の 荒れ山又は荒墳と云ひ伝へ一町〔約109メートル〕ばかりの周囲に垣根を囲らして神職といへども断じて出入<しゆつにふ>せず椿竹など雑木茂るに任せ一種神霊の気に打たれるやうな処とし何人かこの墳域内に入<い>ると病気或は発狂して死ぬといふので覗き見る者さへない位附近の人々には未だに恐れられてゐるがかゝる

伝説が 更でだに一種の先入思想となると見え最近茅場町〔中央区〕某株式店主人が郊外散歩に出でてこの墳域内に入り何等<なんら>の原因がないにも係はらずその儘自殺した事や近所へ引越して来た日雇取りの妻女が焚木を折りとつてその日から病気になり玉川砂利取人夫が竹一本持ち去つてその夜<よ>から発狂死亡したなどの

故意か 偶然か昔の伝説を力強めるやうな事件ばかり起きるので現神主は科学の進歩せる今<こん>そんな事があるべき筈がないといふので近くこの境域内を開放し古事を叙した碑を建てゝ何人も自由に出入させる事とし目下その準備を急いでゐる、これによつて足利時代以来の一種の恐怖境も明るくなる訳である。神主語る

『義興公の死体をあの沈められた舟と共に埋めたところで江戸のはじめにはその舟のみよし〔船首〕が出てゐた事があるといふ話です刀剣なども出てゐますがあの墳域のすぐ後が矢口の渡だつたのです。どうも私が来てからも所謂荒山の気に打たれたといふ変事を度々目撃します、先日自殺のあつた時入つた巡査などもどうも目まひがしてならなかつたなどゝ云ひます。神域ではありますが碑でも立てゝ何人も自由に参拝出来るやうにし出来るものなら当局に願つて一度発掘してみたいとも思つてゐるのですあの森へ入れば、目くらになつたり気狂になるといふ伝説は江戸時代からのものですが大正の今日かゝる一種の恐怖境をその儘としておくのはむしろ神意に悖るものと思ひ発掘の結果は何等か歴史上の有益な効果を得まいかと思はれます』

同所の頓兵衛地蔵などは怪しいが蒲田の女塚と共に戯曲的な一種の古趾として面白い物語りを持つ場所にも追々文明の風が吹いて行く

(写真は新田義興の墳墓) 

読売新聞 大正14(1925)年1月24日・3面

夢枕に起つ遊女の亡霊【1917.11.15 読売】

東京・洲崎の遊郭で職人の男が硫酸を飲んで自殺を図った。男は8年前に遊女を殺して実刑を受けたが、恩赦により出獄。再び遊郭に通い出したところ、殺した遊女の亡霊が毎晩夢枕に立ち、精神に異状を呈していた。

●夢枕に起<た>つ遊女の亡霊
◇娼妓殺し悶絶し劇薬を仰ぐ

十四日午後一時頃洲崎弁天町〔東京都江東区〕一の一〇貸座敷第一喜多川楼の娼妓小よし(二二)の四畳半の居間にて、去<さる>十二日より流連<ゐつゞけ>中の馴染<なじみ>客なる本所区〔現・墨田区〕松井町三の一〇張物業関口松次郎方職人松本寅治(二八)が

△職業用硫酸を 服用し苦悶し居<ゐ>るを小よしが発見し声を立てんとするや、同人を突退<つきの>けて戸外へ飛出せし処へ洲崎署の刑事が通り合せ抱き止め本署へ連行き手当を加ヘ一命を取止めたるが、同人は八年前<ぜん>同遊廓千代本楼(今は無し)の娼妓松ヶ枝事梅村春野(二〇)に馴染を重ね、不義理の借財が嵩<かさ>みて

△春野に情死を 勧めしも刎<はね>付けられしより、立腹して硫酸を頭上より浴せ尚出刃庖丁にて斬り付け即死せしめし廉<かど>により七年の処刑を受けしが、恩典により出獄後前記関口方に住込み実直に勤め居<を>りしが、何時か小よし及び同廓明治楼の娼妓一本<ひともと>二二)に迷ひまたも負債を重ねし上、去月頃より

△松ケ枝の亡霊 毎夜<まいよ>の如く夢枕に立ち碌々安眠も出来ぬ処より多少精神に異状を呈し<くだん>の所業に及びしものなりと

読売新聞 大正6(1917)年11月15日・5面

歩兵一連隊の稲荷祭り【1934.4.21夕 読売】

東京・赤坂歩兵第1連隊の営庭にある池は乾かすと神罰があるとされる。昨年に水を抜いて掃除すると、富士裾野で演習中の隊員が日射病に罹患。連隊では神意を鎮めるため、営庭内の稲荷神社の祭りを盛大に行った。


歩兵一連隊の
稲荷祭り
お赤飯に兵隊さん大喜び

□=そのむかし毛利公の屋敷であつた当時からいろ/\の伝説を秘めて赤坂歩兵第一連隊の営庭にある稲荷さまと厳島神社のお祭りを桜ざかりの廿日、兵隊さんの相撲や『さくら音頭』の余興つきで賑々しくやつた

□=このお宮の池は『神の水』と呼ばれて水を汲んだり渇かしたりすると必ず神罰があたる、昨年夏は池を乾して掃除をしたところがたちまち富士裾野の日射病騒ぎ〔1933年7月裾野で演習中の第一連隊で日射病が発生、8名の死者が出た〕を惹き起した、それ神罰だとばかり恐れをなした連隊では早速鯉をはなして神意を鎮めたといふ歴史つき―

□=で、今年は特に武運長久を祈つて盛大にやらうといふところから兵隊さんは調練を休んでお赤飯に頭<かしら>つきの御馳走、営門は午後一時から四時まで開けツ放し、市民にも景気よくお賽銭を投げてもらつたが兵隊さんたち、ちよつとお宮を拝んでは桜を仰いで『毎日お祭りをやつてもらひてえ』【写真はお祭り】

読売新聞 昭和9(1934)年4月21日夕刊・2面

供養しても、仕事の進まぬ『魔の工事場』【1925.6.25 読売】

東京・内幸町の下水工事現場で作業員3人が崩れた土砂の下敷きになって死亡。以来「魔の工事場」と作業員が恐れ、工事が進まないので、業者が供養塔を立てた。現場は底なし沼だったといわれる場所で工事中に骸骨が発見されている。

供養しても、仕事の……
まぬ『魔工事場』
惨死した鮮人の亡魂の祟りだと
尻込みをする……恐怖の人夫
虎の門土橋間の工事は廿万円の損

虎の門〔虎ノ門(東京都港区)〕から土橋<どばし>雨水吐き下水工事は最も難工事とされ去る三月七日には内幸町<うちさいはひちやう>〔千代田区〕三番地先で鮮人〔朝鮮人〕土工朴鶴伊(三六金大振(二九除万祚(四三)の

三名は くづれ落ちた砂の下敷となつて惨死を遂げた此の工事は昨年九月に始め今年の三月十日にスツカリ出来上る予定で大丸組で作業して来たものであるが溜池から流れ込む水は吸み〔汲(く)み〕上げても/\一ぱい、如何しても工事が進まぬ、市の下水課では当時竣工期限を三月十日と届出でたがその後小刻みに工事を延ばして居るので日比谷署と三田署では

取締上 警視庁交通課の指揮で交通主任が毎日出張して見廻つて急がせてるが思う様に運ばないのでご幣をかつぎ出したのは大丸組の磯谷支配人で惨死鮮人が祟つてるのではあるまいかと其の供養塔を立てることになり去る廿一日麻布六本木〔港区〕の乗泉寺の住職田中清鑑〔清歓、日歓(1869-1944)〕師を招んでお経を上げて貰つたが早めに見て

七月末 まではかゝる見込みで<これ>が為<ため>に約二十余万円の予算超過だと云うが調べて見ると遅れた原因は水のせいもあるがも一つはみんな死人のたゝリを恐れビク/\もので仕事をして居ることで人夫等<にんふら>はこゝを『魔の工事場』と云つて恐れをなして居る

工事場にからむ
底無因果噺
骸骨が二つも掘出された

現場監督の大丸組配下奈良亘皓君の曰く――

魔の工事場と供養塔………………

『鮮人の死する前迄は順調に進み丁度鉄筋を組む許りになつて居たのをやられたのです、あの事件があつて以来殆んど一ケ月位は人夫等も仕事が手につかず今でもオド/\して居る始末なので供養塔を建てました、こゝはもと沼で附近には松の木立が繁つて首縊りがしば/\あつたそうで又其沼に落ちたら決して助からぬ底なしだと伝えられて居たと云う事です、私達は別段御幣をかつぐ訳でもありませんが工事を始めてから最近まで骸骨が二つ発見されました、兎に角ここは縁喜〔縁起〕の悪るい土地であつたらしいのです』

読売新聞 大正14(1925)年6月25日・3面

消えた「お化け大会」録音テープ【1953.7.26夕 読売】

ラジオ局でお盆に放送予定で録音したテープが消える怪事件発生。テーマが「お化け大会」だっただけに関係者は気味悪く感じている。

夏に怪談はつきものだが、このほどラジオ東京〔現・TBSラジオ〕で、録音ずみのテープが消え去るという怪事件が発生、関係者一同、肌に粟を生じている。

消えた「お化け大会」録音テープ
==ラジオ東京の怪事件==

問題のテープは去る十四日、お盆の中日に放送を予定されていた「小唄ごよみ」の録音を収録した分で、そのテーマがまた「小唄お化け大会」だったところからスタジオ雀のうわさとりどり。ゲストの喜多村緑郎〔(1871-1961)俳優〕以下の出演者がやむなく録音をとり直し、この放送はあらためて明後日廿八日に電波に乗る。【写真は喜多村緑郎】

読売新聞 昭和28(1953)年7月26日夕刊・4面

より以前の記事一覧