« 2021年8月 | トップページ

2021年9月

伊香保のお化【1929.9.7 読売】

6代・尾上梅幸と15代・市村羽左衛門が伊香保に行った。2人と懇意の婦人も行きたがったが、重病で同伴できなかった。梅幸や羽左衛門らがいる伊香保の旅館の部屋に婦人が姿を現したが、無言のまま出ていった。どこに行ったか旅館の中を探していると、東京から婦人の死を知らせる電報が届いた。

伊香保のお
梅幸羽左が麻雀の最中
戸を開けて返事せぬ人

伊香保〔群馬県渋川市〕にゐる梅幸〔6代・尾上梅幸(1870-1934)〕の部屋にお化けが出た凄話?がある、お化の本家音羽屋だからお化も親類つき合だらう位に笑つてもゐられない実話毎年梅幸や羽左衛門〔15代・市村羽左衛門(1874-1945)〕が伊香保に行く時に必ず誘ふ武桑といふ婦人がゐる

ところが| 今年は七月の半<なかば>頃から身体の具合が悪く音羽やの一行と同伴することが出来なかつた、羽左が、伊香保は不便だから俺の別荘にでも来てゐたらどうだと暗に沼津行<ゆき>を勧めたが、武桑さんは市村さんと寺島〔尾上梅幸の本姓〕さんと揃つて遊んでゐる所でもう一度遊びたいと大変心細いことをいつたり、年が年だからね、と大分悲観してゐるので力づけて別れ、八月となつて羽左が伊香保に行くといふ事を聞いて武桑さんは大変行きたがつたが病が段々重くなるので行かれず羽左に

言伝やら| 梅幸に土産物を届けるやらして病床に伊香保からの画<ゑ>ハガキを列<なら>べて自ら慰めてゐた、すると廿四日に容態が急変して死んで終つた、そんなことゝは知らないで千明では梅幸羽左、孝次郎など、麻雀大会を催してゐると障子が明いて〔開いて〕武桑さんが無言の儘元気のない顔で這入つて来た、梅幸が目敏く見付て、やあよく来たね、と言へば羽左が顔色が悪いぜ、と言つても一向に返事をしない、さうしてスウツとまた障子を閉めて廊下に

出たので| 梅幸夫人のお藤さんが後を追ふともう影も形も見えない、家中探してゐる所へ東京から電報で武桑さんの死を知らせて来たので一同は、ウムでは先刻のは……に女連は桑原々々と慄上<あが>つた音羽好みの湯治場の怪

(写真は梅幸)

読売新聞 昭和4(1929)年9月7日・10面

無縁仏が姿を現はす【1930.9.29夕 読売】

東京・京橋で地蔵を保管していた米屋の子どもが重病に。近くの洗い張り屋でも不幸が絶えないので、行者に見てもらうと、無縁仏に祟られていると言われた。そこで、近所の空き地に地蔵と水神石を祀る祠を建てると、そこに無縁仏が現れると噂が立ち、見物人が押しかけるようになった。

『お姿』を見に……地蔵さまの祠の人だかり
無縁仏が姿を現はす
◇……東京の真中京橋の地蔵様ナンセンス

京橋〔東京都中央区〕の佃島渡しに近い舟松河岸<かし>に汐見神社と云ふ地蔵さまの祠が出来た、ところがこの地蔵さまに毎夜無縁仏の姿が現れる……と云ふので毎晩大変な人だかりで馬鹿々々しい騒ぎをやつてゐる

――◇―― 

事の起りといふのは、同河岸一番地の米屋中村鹿蔵方で震災〔関東大震災(1923)〕問題の地蔵さまを預つてゐたのだが一ヶ月ほど前、突然子供の豊(六ツ)が発熱して瀕死の状態に陥つたので深川黒江町〔江東区〕のある女行者にみてもらつたところ『それは地蔵さまのお祭りをしないから無縁仏の祟りだ』といつたといふのと、今一つは船松町一の洗張屋田中録吉方で妻君のよしが病弱な許<ばか>りか不幸が絶えないのでこれ又行者に見せたところ『床下に無縁仏の祟つてる水神石が埋つてゐるからだ』といはれサテこそかついで付近の人とも相談し水神石とお地蔵さまを祭る事になつて十八日空地に祠を建てたのだが、誰が言ひ出したのかこの祠に無縁仏の姿が現れるととんだグロ・ナンセンスを生んでしまつた。

――◇―― 

昨夜記者も人だかりの中に混ぢつて見てゐると一人のお婆さんが、『ホーラ/\姿が見えるでせう』と『見える/\』の押売りをしてゐたが記者の眼には一向それらしいお姿は見えなかつた。

読売新聞 昭和5(1930)年9月29日夕刊・7面

大嘘吐の拘引【1909.8.28 大阪朝日】

9月28日に灰が降り、世界が終わるとの風聞が大阪・九条界隈に広まり、騒ぎになっている。警察は大道で世界滅亡を説く浮浪者を引致、取り調べたが、噂の出所は白状しなかった。

●大嘘吐の拘引
灰が降る/\▲今日が世界の終り▲馬鹿の骨頂▲名残に飲め食へ唄へ▲大道演説

<こん>二十八日が世界の終りなり、天上より夥しき灰降りて人間皆忽ちに死ぬること弘法大師様がチヤンと見抜いて云ひ遺されし通りなれば人々其の覚悟あつて然るべしと誰<た>れいふとなく市中一般に布<ふ>れ廻りたり迷信家連中斯くと聞いて喫驚<びつくり>何れも夫<そ>れ/\厄払ひの呪ひ、祈祷に余念なき様子は阿呆らしくて話にもならぬ次第なるが中にも九条〔大阪市〕界隈は其の騒ぎ最も甚だしく二十七日となりてはいよいよ今日一日の寿命なり金も道具も要るものかと隣近所誘ひ合して料理屋へ上り、鱈腹<たらふく>飲食するものもあれば、「モウ商売する気にもならぬとて「今日<こんにち>より休業」の貼札する向きも沢山あり此の暑さに有りだけの衣類を重ねて苦しみながら<これ>が現世<このよ>の着納めぢやと渋面<じふめん>作るもあるかと思ふと小料理屋では「おまじなひの粥」といふ看板出して白米に榧<かや>、小豆を交ぜた粥を丼一ぱい十二銭で販売するをセメテもの頼みにとて食べてゐる者もあり、松島の天満宮お旅所をはじめ九条茨住吉神社境内の如き二十六日の夜<よ>よりお百度参りの男女引きも切らず界隈何となくザハ/\と物騒がし、〔/〕

されば九条署は手を尽して説諭に努めゐたるが<こゝ>に一人の怪しき男が同町繁栄座附近の道路に立ち世界滅亡灰降りの一件を真実<まこと>しやかに披露してゐる由聞えたれば二十六日の夕方より徹夜して張込みゐたれど早くも悟つて姿を見せざりしより尚も捜査中二十七日の朝七時頃同町二番道路にて洗ひ晒しの浴衣がけに頬髯を蓬々<ばう/\>と生やしたる物凄き男大道の中央に立ちはだかり「皆さん世界の果はいよいよ来ました吾輩の生命<いのち>はモウ十五六時間に迫りました、有りだけの金は今日<けふ>中に使ひなされ」と演説してゐるを多数の男女が取囲んで感心し「えらいこツちや」、「情ないこツちや」と騒ぎゐるを同署の堀警部が発見し、「<につく>き奴めと引捕へて本署へ引致し厳重に取調べたるに此奴<こやつ>は日頃南区日本橋筋五丁目辺をうろつきゐる浮浪人にて大山五郎(四十年)といひ、「今日はじめて世界滅亡の事を聞き人民の為<ため>捨て置き難しと心得たれば即ち市内の各所に出張し演説したる次第なりと左<さ>も豪<えら>相に陳述し警部は其の説の出所を厳しく訊問したれど容易に実を吐かねば尚取調中なるが多分此奴は大嘘を吐き歩いたる廉により警察犯処罰令に則り三十日以下の拘留又は二十円未満の科料に処せらるべし〔/〕

尚今日<こんにち>以後又々期日を延期して大嘘を吹き立て人心を惑乱せんとする馬鹿者あるに相違なければ同署にては昼夜警戒し<かりそ>めにもかゝる妖言を吐<は>きて愚民を惑はす者は見附け次第厳罰に処する方針なりとぞ

大阪朝日新聞 明治42(1909)年8月28日・9面

« 2021年8月 | トップページ