« 〔狸穴で車上から消えた女〕【1879.4.25 東京曙】 | トップページ | 古家の入口に人骨発見【1906.10.1 東京朝日】 »

〔夜の厠で髪切りに遭う〕【1874.3.22 東京日日】

東京・本郷の袋物屋の下女が夜、便所に入ると、髪が切れ、隣家へ逃げ込んで気絶した。話を聞いた人々が調べると、切られた髪の房が地上に落ちており、俗にいう「髪切り」の仕業と分かった。

○府下本郷〔東京都文京区〕三丁目一番地に住せる嚢物〔袋物〕渡世鈴木米次郎の下婢ぎんと云る者本月十日夜九時過其裏なる惣雪隠へ至らんとし既に入らんとする時慄然とするや否や頭上の毛髪面上に散じ散髪となれりぎん大に驚愕のあまり傍に住する愛智県〔愛知県〕士族曲淵某の宅へ駈け込み<アツ>と叫びし儘気絶せり〔/〕

衆人其謂をしらざれば種々介抱して薬用なさしめ漸く我に復るに及んで事の顛末を尋るに有りし次第を語りけるにぞ直ちに厠の近傍を捜索せしかどかはれる気色も見へず唯彼の髷の達广〔達磨(だるま)〕がへしとか云へる者〔物〕依然として地上にわだかまるのみ是に於てはじめて俗にいふ髪きりなるを知り大に懼れ〔恐れ〕て其後は婦女子等白昼と雖も此厠に入るものなきに至れり〔/〕

此事過日浅草〔台東区〕金龍山内にもあり且一老人の話に今を拒る〔去る〕五十年前にも此事ありて其頃一般女子の簪に小短冊をつけ一首の歌を書したりと其歌に「かみきりや姿を見せよ神国のおそれをしらばはやくたちされ」この事折々ありてめづらしからねども件の下婢は其後病に侵され親里へ引取りて療養最中なるよし婦女の狭き心より有まじき事に遇ひたると苦に病みて事の茲〔ここ〕に及べるならん試みに見よ風は眼にも見へぬに物を散らし或は虚空に吹揚げ甚敷〔はなはだしき〕は家を倒し木を抜く常住眼に馴れ毎に吹くべき物と覚悟をなすを以て怪しまねど初めて斯る物吹出でば衆庶必ず驚愕なすべし其他千万造化の妙工奇とせば奇ならざるなし彼髪切のごときも未だ原因をしらずと雖も事の稀なるを以て疑惑を生じ遂に病生ずるに至る請ふ本文の婦人も此理を察して迷ひを解き貴重の性命を誤らざらん事を

東京日々新聞 明治7(1874)年3月22日

« 〔狸穴で車上から消えた女〕【1879.4.25 東京曙】 | トップページ | 古家の入口に人骨発見【1906.10.1 東京朝日】 »