« 寺ヶ谷の奇跡【1899.12.28 東京朝日】 | トップページ | 逍遥とお化け屋敷【1957.7.10 読売】 »

少女の“夢マクラ”に死体【1964.3.22夕 読売】

東京・練馬区に住む少女が近所の寺の雑木林に人が死んでいる夢を見た。翌朝寺に行くと、首だけの死体があった。届けを受けた警察が一帯を調べると、死体の胴体も見つかった。

少女の“夢マクラ”に死体
その通りに首と胴
練馬のお寺で見つける

お彼岸の二十二日朝、東京・練馬のお寺の境内で首と胴体がバラバラの男の変死体が見つかった。近所の十六歳になる少女の“夢マクラ”に死体が現われ、翌日ユメの通り現場に行ったところ、首があったという。練馬署では警視庁の応援を求めて死因、身元の捜査を始めた。

同日午前九時ごろ練馬区春日町一の二六六六、真言宗愛染院(白井正雄住職)境内雑木林の中に、なかば白骨化した男の首と胴体が見つかった。首は道路沿いの生けがきから約一メートル奥にあり、胴体は墓地をはさんで反対側のササやぶの中にうつ伏せになっていた。

練馬署の調べで、この男は三十―四十歳、一メートル六〇くらいで、紺コールテンのオープンシャツ、もめんのニッカーズボン、紺の地下たびをはいており、一見職人ふう。日本手ぬぐいが肩にかけるようにしてある。首は切断されたものでなく、死後、イヌかなにかが食いちぎって持ち出したらしい。服装や腐乱状態から死後約半年ぐらいたっていると同署は見ている。

“まさ夢”をみた佐々木よし子さん

死因ははっきりしないが、自殺とみられる。

最初発見したのは、現場から約二百メートル離れた同寺裏の同町一の二七三一板金工浅間久三さん方にいるメイの洋裁見習い佐々木よし子さん(一六)。十九日夜「お寺の道路沿い境内の雑木林の中に人が死んでいる」という夢を見て、翌二十日朝、半信半疑のまま寺に寄ったところ、夢で見た通り首だけがあった。びっくりして家に飛んで帰ったが、浅間さんの妻和子さん(三三)に話してもとり合ってくれない。夕食のとき久三さんにも話したが信じてくれなかったという。

それでもよし子さんが「確かにあった」というので、翌二十一日朝、現場にきたところまだ首があったので同署春日町交番に届けた。

同署でも、はじめ墓地の中からイヌが白骨をくわえ出したのかと考えていたが、二十二日朝、約二万平方メートルの同寺の境内を“山狩り”したところ胴体を発見した。

読売新聞 昭和39(1964)年3月22日(日)夕刊9面

« 寺ヶ谷の奇跡【1899.12.28 東京朝日】 | トップページ | 逍遥とお化け屋敷【1957.7.10 読売】 »